最新情報

2014年7月18日抜け毛・薄毛対策
抜け毛 薄毛の対策方法 ダイエット中
2014年7月18日生え際の育毛
抜け毛予防 ストレス
2014年6月28日抜け毛・薄毛対策
抜け毛予防 注意点

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

生え際の育毛はどうやってするの?

生え際の育毛をするために育毛剤を使用していても、
思ったほど効果が現れないことがあります、
 
それは、脱毛に影響するホルモンのタイプやその分布は人によって異なるために、
効果の出る育毛剤も脱毛のタイプによって人それぞれと言えるからです。
 
生え際の脱毛に影響するのは、男性ホルモンのバランスが乱れることによって
活性化する5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。
 
5αリダクターゼは頭皮の皮脂の分泌を活発にして毛穴を詰まらせてしまい、
毛髪の成長を遅らせます。
 
この5αリダクターゼには1型と2型という2種類があり、
このうち1型が日本人に多い生え際後退型の脱毛に影響していると考えられています。
 
男性型脱毛症に効果がある事で有名な育毛剤はプロペシアが代表的ですが、
これは2型の5αリダクターゼを抑制するためのものなので
生え際の後退にはあまり効果が無いことが多いです。
 
育毛剤を選ぶなら、1型5αリダクターゼに効果のある
アゼライン酸などを配合した商品を使うと良いでしょう。

タグ

2012年12月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:生え際の育毛

生え際の後退(M字ハゲ)を防ぐには?

生え際の後退を防ぐにはどうしたら良いか。
 
今、生え際の後退をどうにかして防ぎたいと思っている人は
世の中にたくさんいるでしょう。
 
では、生え際の後退を防ぐにはどうしたら良いか。
 
やはり食事、ストレス、頭皮ケアは大切になってくると思います。
これらが原因となって、生え際が後退していき、M字ハゲになってしまうので、
やはり食事やストレス、頭皮ケアはしっかりしないとなりません。
 
特に頭皮ケアは力を入れておくべきだと思います。
頭皮ケアをしようと思って、逆効果なことをしてしまう人もいたりします。
無理に力を入れて、刺激したりしても、それは頭皮を傷めてしまうだけであって、
余計に抜け毛を進行させてしまうだけですから、まず、育毛の効果は出ないでしょう。
 
また、頭皮の皮脂をためてしまうと衛生的に良くありませんし、バクテリアが増殖してしまい、
抜け毛が増える一方なので、それはやめた方が良いです。
 
そして、入浴後に髪の毛を乾かさない人もいますが、そのまま寝てしまうと頭皮が蒸れて、
抜け毛になりやすいので、それもまた気をつけないといけません。
 
ちなみに今は育毛シャンプーなどが薬局屋で売られたりしていますが、
そういったものは成分が強力だったりしますので、余計にM字ハゲに
なってしまう可能性があるそうです。
 
ですので、無添加で無香料のものを使われたりする方が良いでしょう。
そういったものはネットからも簡単に購入できたりしますので、
すぐに購入することが出来て便利ですよ。
 

タグ

2012年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:生え際の育毛

抜け毛 薄毛の対策方法 ダイエット中

いつまでも若々しくあるためには髪はふさふさ、そして体は引き締まってキュ!っていうのが理想ですよね。

でも最近若者であっても 髪が薄かったりするする原因の一つは 過激なダイエット。より魅力的にと思って始めたダイエットが、かえって不健康を招きそれによって髪が痩せて老けて見えるなんて、ガッカリですよね。

特に何か一品だけ食べて一気に痩せる!なんて方法は完璧にNG。単品で体に必要な栄養素を取り入れるなんて絶対不可能なのです。

私も以前 一品だけダイエットってやってみましたが、確かに短期間に効果が見えるものの、髪には潤いがなくなってパサつき、肌もカサカサ、その上美味しいものを我慢するせいかストレスマックス!

これでは結果は残念という感じでした。

過激なダイエットをすると何故髪がパサつき、痩せてしまうのか?それは体は生命維持に必要な組織 心臓や内臓といった部位から順に栄養を送り届けているからなのです。

そうなると頭皮などは栄養が最後に届けられる部分。ダイエットなどをして栄養が限られてしまうと、頭皮には栄養が行き渡らず、まるで水不足のお花状態。

やはり花がイキイキし続けるためには水をやらないといけないように、私たちの体にも十分な栄養が必要です。髪の毛の先まで栄養が行き渡るようにちゃんとお食事を取りましょう。

特に朝ごはんはちゃんと食べて!ダイエットが必要なら昼や晩を控えめに。

ファーストフードで油ギトギト昼食を控えて ヘルシーで彩り豊かな手作り弁当を!正しいダイエットで 体はスリムに、髪の毛には栄養を!

タグ

2014年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:抜け毛・薄毛対策

抜け毛予防 ストレス

抜け毛 薄毛の原因は ストレス。髪が抜けてきたとか、薄くなってきたと悩んでる周りの人を見渡せば 気のいい優しい人が多いですよね。

そういう方々はいつも周りに気配り目配りでストレスがいっぱい。そのストレスが髪に影響を与えてしまっているのです。

かといって優しい性格を鬼に変えるわけにもいきませんよね。
それで今日はストレスに効くビタミンについて。ストレスを抱える人が不足しがちなビタミンはビタミンB群。

これが不足するとイライラしたり、集中力が散漫になったりします。ビタミンBは豆腐や納豆などに含まれているので、朝は豆腐入りの味噌汁、そして納豆を。

夏の間はほうれん草のおひたしや、トマトにもビタミンB群が含まれているので、お昼の一品に。お弁当に入れて行ってもいいですよね。

注意点としてビタミンB群は糖分をたくさん取ると失われていきます。なぜならビタミンB群は糖分の代謝を担う栄養素だからです。

トマトや大豆類をたくさん食べたから、おやつもたっぷり食べてストレス発散っていうのはやめましょう。プラスマイナスゼロになってしまいます。

夏の間は暑いし疲れるし、食欲が…となってしまいがちですが 出来ればきちんとした食生活を心がけましょう。

ちゃんとした食事ができない時は サプリメントでビタミンB群を取り入れましょう。

ストレスを解消してイキイキした生活で髪の悩みを解決しましょうね。

タグ

2014年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:生え際の育毛

抜け毛予防 注意点

最近 若いのに髪の毛の問題を抱えている若者が多いですね。昔は頭が薄くなるといえば、もうオジさんって感じだったのに、今や二十代で、あるいはまだ十代なのに薄くなって来て…と悩んでいる方は少なくありません。

何が原因になっているのでしょうか?やはり体に悪い ひいては髪の毛に悪い食品が大きな原因になっている場合があります。

例えば 若者が好むインスタントもの、ファーストフード、ラーメン等。
どれも簡単で安価で美味しいものばかり。特に若い時は油っこいギトギトしたものは、大いに食欲をそそりますよね。

でもこれらはカロリーが高く動物性脂肪が多く、栄養バランスが偏ってしまうものばかり。

脂肪分を多く取りすぎると、頭皮の皮脂に脂がたまりやすくなり、この脂が頭皮のフケと混ざると雑菌が繁殖し 頭皮の炎症 吹き出物の原因になります。

これが抜け毛へと発展して行くのです。ですから ちょっと時間をとって栄養のバランスがとれた食事を心がけましょう。

よる遅くまで起きて、ネットサーフィンという若者にありがちな生活パターンも髪の毛の成長には大敵。しっかり睡眠を取ることは大事です。

最低6時間は寝るようにしましょう。寝不足は成長ホルモンの分泌を阻害します。

早寝早起き きちんとした食事習慣を身につけて 抜け毛予防!がんばってね!

タグ

2014年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:抜け毛・薄毛対策

このページの先頭へ